台湾  2012/03/09(金曜日)
〔のぞき見〕日本から感謝のTV番組、台湾で11日夜放送[媒体]

東日本大震災による被害への台湾からの多大な支援に、感謝の気持ちを表す日本側制作のテレビ番組が11日夜、台湾で放映される。被災地へ世界最大の200億円の義援金を贈り、日本人を心底感動させる温かな気遣いを見せてくれた台湾の人たちに、未曾有の被害から静かに復興へ歩む人たちの姿を伝える。

交流協会が電通グループに委託し、1時間の特別番組「元気日本、謝謝台湾」を制作した。大の日本ファン、台湾芸能界きっての日本通として知られる人気司会者、黄子佼(ミッキー・ホァン)さんと日本テレビの豊田順子アナウンサーがホスト役を務め、被災地の人々の生活や台湾にゆかりのある日本の芸能人らのメッセージを伝える。落語家の6代目三遊亭円楽は、ことわざを引用して「かけた情けは忘れても、受けた恩は忘れない」と台湾への心情を込めた。

放映は中天娯楽台で3月11日午後7時から。18日午後3時からは中天総合台で再放送する。

同じ趣旨で電通グループが制作した日本からの感謝を伝えるテレビCMも11日から1週間にわたって流す。震災直後に手書きの壁新聞を発行した石巻日日新聞の編集者や廃材で家具を作る人、練習したい和太鼓がないためタイヤで代替する生徒らなどの言葉を聞いてもらう。「一杯の豚汁、一枚の毛布。そのすべてが日本を温かくしてくれた」と台湾へメッセージを送る。

[PR]

[PR]

NNA News Headline

コラム

アジア・豪州から毎日お届けする人気コラムです。経済ニュースを読む前にどうぞ