台湾  2013/07/12(金曜日)
復興航空、9月に成田便就航[運輸]

復興航空(トランスアジア)の林明昇董事長は10日、台湾桃園国際空港と成田国際空港を結ぶ便を9月に就航する計画を明らかにした。同社は台湾と北海道4カ所、大阪、那覇、石垣島を結ぶ便を運航しており、成田は日本の就航地では8カ所目。関東では初めてとなる。

11日付工商時報によると、現在は就航に向け準備中で、日台双方で手続きが終わり次第、9月中に運航を開始する。昨年夏から運航している日本便は好調で、昨年末には中・長距離機のエアバスA330―300型機を導入。輸送能力を約2倍に増やした。

同社は第1四半期に、原油価格の高止まりや台湾元安の影響で赤字を計上。証券筋は路線拡充により、下半期に黒字転換すると予測している。

[PR]

[PR]

NNA News Headline

コラム

アジア・豪州から毎日お届けする人気コラムです。経済ニュースを読む前にどうぞ